IoT技術情報サイト

知って得するキーポイント

IoTに活用されるセンシング技術

ロームのセンシングデバイスと
センシング技術

注目ワード
  • IoT
  • センサネットワーク
  • センシングデバイス
  • センサ
  • センシング技術

ロームは、ロームグループのラピスセミコンダクタおよびKionixともに、センサネットワークに向けた製品開発とソリューション提案に取り組んでいます。IoTを実現するうえで、モノや人の状態を検知する「センシングデバイス」と、センシングデバイスが得た情報を共有するための「ネットワーク」は必要不可欠です。すでに様々なセンシングデバイスが存在しますが、IoTに向けて新しいセンサセンシング技術が開発されています。

ロームのセンシングデバイスおよびセンシング技術

ロームでは、半導体やMEMSなどを使った様々なセンサを開発しています。ロームでは、モーションセンシング、ヘルスケアセンシング、フィールドセンシング、インフラストラクチャヘルスケアの分野に向け、様々なアプリケーションをイメージできるセンサを用意しています。図は、各種センサとキーテクノロジーのイメージです。

160715_graf01

以下に機能別のセンサの一覧を示します。それぞれに、概略を説明したページへのリンクを貼ってあります。

モーションセンサ 環境センサ インタフェース
ジャイロセンサ
加速度センサ
地磁気センサ
気圧センサ
カラーセンサ
脈波センサ
温度センサ
照度センサ
赤外線センサ
ホールセンサ
静電スイッチ
タッチスクリーン
人感センサ

また、各センサへの直接のアクセスは、以下を利用ください。カッコ内の数字は現状製品数です。

ホールIC (19)
照度センサIC (12)
カラーセンサIC (1)
気圧センサIC (1)
温度センサIC (18)
・人感センサ用IC (1)
静電スイッチコントローラIC (5)
・タッチスクリーンコントローラIC (8)
MEMSセンサ (Kionix)
・赤外線イメージセンサ (LAPIS)
光センサ (40)

160715_graf02

技術資料ダウンロード