IoT技術情報サイト

知って得するキーポイント

Sony SPRESENSE用Add-onボード

SPRESENSEにWi-SUN通信機能を追加
汎用性が高いWi-SUN Enhanced HANに対応

注目ワード
  • SPRESENSE
  • IoT向けボードコンピュータ
  • Wi-SUN Add-onボード「SPRESENSE-WiSUN-EVK-701
  • HEMSやBEMS
  • Wi-SUN Enhanced HAN
  • TELECの認証済み
  • SPRESENSE向けArduino用のドライバとサンプルアプリも提供
  • 加速度、気圧、地磁気の3種類のセンサ機能を追加
  • センサAdd-onボード SPRESENSE-SENSOR-EVK-701
  • Bluetooth®LE Add-onボード SPRESENSE-BLE-EVK-701
  • Bluetooth LE通信機能を追加

SPRESENSEは、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社が提供するIoT向けボードコンピュータです。低消費電力でありながら、GPS受信機能とハイレゾリューションオーディオコーデックを搭載しています。例えば、GPSと高機能プロセッサを活用したドローンや、ハイレゾリューションオーディオの再生・録音、内蔵フルデジタルアンプを活用したスマートスピーカ端末、低消費電力を活かした定点撮影カメラなど、IoTを今まで以上にスマートで高度なものすることが可能です。

ロームではSPRESENSE用のAdd-onボードを開発しており、すでに、センサAdd-onボード「SPRESENSE-SENSOR-EVK-701」、Bluetooth®LE Add-onボード「SPRESENSE-BLE-EVK-701」をラインアップしています。今回、新製品として、Wi-SUN Add-onボード「SPRESENSE-WiSUN-EVK-701」を発表し、ネット商社から販売を開始しています。

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社のSPRESENSE。

ロームのSPRESENSE用のAdd-onボードのラインアップ。

Wi-SUN Add-onボード SPRESENSE-WiSUN-EVK-701

Wi-SUN Add-onボード「SPRESENSE-WiSUN-EVK-701」は、SPRESENSEにWi-SUN通信の機能を追加する拡張ボードです。Wi-SUN規格はHEMSやBEMSに適した通信で、このAdd-onボードに搭載しているファームウェアはリレー通信やスリープ機能を含む、より汎用的な規格の「Wi-SUN Enhanced HAN」に対応しています。

ロームのSPRESENSE用Wi-SUN Add-onボード SPRESENSE-WiSUN-EVK-701

従来の「1対多」のスター型接続に加え、「1対多対多」のツリー型接続ができるため、低消費電力かつ長距離通信が可能なセンサノードを実現できます。

ロームの最新Wi-SUN無線モジュールBP35C0-J11とチップアンテナを内蔵し、無線特性は調整済みなので高周波設計は不要です。また日本国内の無線法令規制であるTELECの認証済みで、ユーザーでの電波法認証も不要のため、すぐに使用できます。また、SPRESENSE向けArduino用のドライバとサンプルアプリも提供しているので、簡単に通信評価を行うことができます。ソフトウェアのダウンロードと関連情報は専用サイトを利用願います。

SPRESENSE向けAdd-onボードのラインアップ

■センサAdd-onボード SPRESENSE-SENSOR-EVK-701

SPRESENSEの持つGPS受信機能とハイレゾリューションオーディオコーデック機能に加えて、さらにモーションセンシングに必須である加速度、気圧、地磁気の3種類のセンサ機能を追加します。センサ拡張コネクタにより、照度、近接、カラー、磁気、温度、紫外線、脈波などさらに7種類以上のセンサ機能を追加することが可能です。Arduino、NuttXなどSPRESENSEが標準サポートする各ソフトウェアプラットフォーム向けのソフトウェアをオープンソースで提供しています。

Bluetooth®LE Add-onボード SPRESENSE-BLE-EVK-701

SPRESENSEにBluetooth LE通信機能を追加します。アンテナを内蔵し、TELEC、FCC、CE、ICの電波法認証取得済みなので、SPRESENSEと組み合わせた無線機器としてすぐに使用できます。Arduino、NuttXなどSPRESENSEが標準サポートする各ソフトウェアプラットフォーム向けのソフトウェアをオープンソースで提供しています。また、スマートフォンアプリ「BLE Tool」を使えばデバイスとの簡単な通信確認ができます。

これらの詳細も同様に、専用サイトで確認できます。

技術資料ダウンロード