IoT技術情報サイト

知って得するキーポイント

新機能搭載Bluetooth®5対応 無線通信モジュール「MK71511」、「MK71521」

Bluetooth®5対応 無線通信モジュール
簡単に評価できる評価キットも充実

注目ワード
  • Bluetooth 5規格対応
  • 無線通信モジュール「MK71511」および「MK71521」
  • 2Mbps高速伝送
  • 通知データ容量増加(拡張アドバタイズ)
  • データ通信時間を半減
  • 最大8倍の通知データ
  • 長距離伝送機能
  • 通信距離はBluetooth 4の4倍
  • 方向検知機能
  • 512KBの大容量フラッシュメモリ
  • 同一形状でピン互換
  • 2層基板への実装も可能
  • 評価キット
  • インターネット販売
  • 小型簡易タイプの「MK715x1評価キットMini」
  • 小型簡易タイプの「MK715x1評価キットMini」
  • Arduinoピン互換タイプ*1の「MK715x1評価キット」
  • PCに接続するだけで簡単に初期評価

ラピスセミコンダクタは、Bluetooth 5規格対応のBluetooth low energy無線通信モジュール「MK71511」および「MK71521」を開発し、評価キットも含めたインターネット販売を開始しました。

Bluetooth®5対応 無線通信モジュール「MK71511」、「MK71521」

<Bluetooth5対応 無線通信モジュールMK71511、MK71521のポイント>

  • ▶ Bluetooth 5の2Mbps高速伝送通知データ容量増加(拡張アドバタイズ)に対応。Bluetooth 4と比較して、データ通信時間を半減最大8倍の通知データを扱うことが可能。
  • ▶ MK71511
    •  ・長距離伝送機能を搭載し、通信距離はBluetooth 4の4倍に拡張されているので屋外アプリケーションにも対応。
    •  ・方向検知機能も搭載しているため、高精度な位置特定が必要な屋内位置情報サービスに適用可能。
  • ▶ MK71521
    •  ・プログラム格納用に512KBの大容量フラッシュメモリを搭載。
    •  ・Bluetoothによるメッシュネットワークの構築や、センサなどを搭載する幅広いアプリケーションに対応。
  • ▶ MK71511とMK71521は同一形状でピン互換なので簡単に置き換えるができる。
  • ▶ 安価な2層基板への実装も可能なので製造コスト削減が可能。
  • ▶ PCに接続するだけで誰でも簡単に評価できる評価キットを用意。
  • インターネット販売を行っており1個から購入可能。
  • ▶ 必要な各種ドキュメントはラピスセミコンダクタのWebサイトからダウンロード提供。

新機能搭載のBluetooth 5対応無線通信モジュール

MK71511およびMK71521は両方ともにBluetooth 5規格の特長である2Mbpsの高速伝送通知データ容量増加に対応しています。MK71511は、長距離伝送方向検知機能の新機能を搭載しています。MK71521は、プログラム格納用のフラッシュメモリ容量を512KBとし、Bluetoothメッシュなどの多様なアプリケーションへの対応が可能になっています。以下の表に主要な仕様の比較を示します。

品名 内蔵
無線チップ
コアMCU Flashメモリ
容量
RAM容量 高速伝送
(2Mbps)
通知データ
容量増加
長距離
伝送
方位検知
機能
MK71511 nRF52811 Arm® Cortex®-M4 192KB 24KB
MK71521 nRF52832 Arm® Cortex®-M4
with FPU
512KB 64KB

基板変更なしで置き換え可能な完全ピン互換

MK71511とMK71521はともに54ピン MFLGA (9.7×13.4×2.0mm)の完全ピン互換品となっており、用途やプログラム容量に応じて基板の変更なしにモジュールを置き換えることができます。

Bluetooth®5対応 無線通信モジュール「MK71511」、「MK71521」。54ピン MFLGA (9.7×13.4×2.0mm)の完全ピン互換品。用途やプログラム容量に応じて基板の変更なしにモジュールを置き換えることが可能

安価な2層基板に実装可能

一般的に32本相当の無線通信モジュールを小型化する場合、パッド (電極) を極度に詰めて配置しなければならず、内側のパッドから信号線を引き出すために特殊な加工や多層基板が必要になります。MK71511とMK71521は、独自のパッド配置を採用することにより、小型でありながら32本の全入出力信号線を引き出すことができるため、安価な2層基板に実装することが可能です。

Bluetooth®5対応 無線通信モジュール「MK71511」、「MK71521」。独自のパッド配置により小型でありながら32本の全入出力信号線を引き出すことができるため、安価な2層基板に実装することが可能

評価キットとPCで簡単に評価

MK71511とMK71521の評価のために、それぞれの製品を搭載した小型簡易タイプの「MK715x1評価キットMini」と、市販のArduino Uno R3シールドを使用できるArduinoピン互換タイプ*1の「MK715x1評価キット」が用意されています。評価時に自由に使用できる汎用のLEDとスイッチを実装しており、モジュール内のプログラム書き換えやデバッグを行うためのArm® Cortex®用デバッグプローブ「J-Link LITE」を同梱した評価キットも揃えています。

これらの評価キットには、初期状態でUARTを使ったシリアル通信のサンプルソフトウェアが書き込まれているので、PCに接続するだけで簡単に初期評価を行うことができます。∗1:アナログ、デジタルのインタフェースが3.6V以下のシールドに限る。

左:Bluetooth®5対応 無線通信モジュール「MK71511」、「MK71521」用の評価キット。小型簡易タイプの「MK715x1評価キットMini」/右:Bluetooth®5対応 無線通信モジュール「MK71511」、「MK71521」用の評価キット。Arduino Uno R3シールドを使用できるArduinoピン互換タイプの「MK715x1評価キット」

評価キット一覧

品名 評価キットタイプ 評価キット名 梱包内容
MK71511EK1 小型簡易タイプ MK715x1評価キット Mini ・MK71511評価キット
MK71521EK1 小型簡易タイプ MK715x1評価キット Mini ・MK71521評価キット
MK71511EK1P 小型簡易タイプ MK715x1評価キット Mini Plus ・MK71511評価キット
・USBケーブル
・J-Link LITE
MK71521EK1P 小型簡易タイプ MK715x1評価キット Mini Plus ・MK71521評価キット
・USBケーブル
・J-Link LITE
MK71511EK1A Arduinoピン互換タイプ MK715x1評価キット ・MK71511評価キット
MK71521EK1A Arduinoピン互換タイプ MK715x1評価キット ・MK71521評価キット
MK71511EK1AP Arduinoピン互換タイプ MK715x1評価キット Plus ・MK71511評価キット
・USBケーブル
・J-Link LITE
MK71521EK1AP Arduinoピン互換タイプ MK715x1評価キット Plus ・MK71521評価キット
・USBケーブル
・J-Link LITE

サポートおよび関連情報

スムーズな開発をサポートするため、開発に必要なドキュメントなどの情報提供から、ファームウェア書き込みサービスといった幅広いサポートを行っています。以下のリンクを参照願います。

Bluetooth5対応 無線通信モジュールMK71511、MK71521 特設サイト
説明動画:3分でわかる! Bluetooth5 無線通信モジュールMK71511、MK71521
説明動画:3分でわかる! MK715x1評価キット Mini 商品紹介編
説明動画:3分でわかる! MK715x1評価キット Mini 通信デモ編
エンジニア向けダウンロードコンテンツ
Bluetooth商品コンテンツ
登録ユーザ向けサポートサイト
有償サポート問い合わせホーム

技術資料ダウンロード