回路シミュレーション

DC/DCコンバータ熱シミュレーション回路

2022.06.14

この記事のポイント

・熱解析機能を搭載したDC/DCコンバータ BD9G500EFJ-LAのSolution Circuitを利用して熱シミュレーションを行う。

・シミュレーション回路には、電気回路と熱シミュレーション回路が含まれる。

・温度の算出は、電気シミュレーション回路で算出した損失を熱シミュレーションモデルに入力し算出する。

ここからは、具体的にROHM Solution Simulatorと熱解析機能を搭載したDC/DCコンバータ BD9G500EFJ-LAのSolution Circuitを使って、使用方法を説明して行きます。実際にROHM Solution Simulatorを起動して操作しながら読んでいただければと思います。

まず、以下の確認をお願いします。

DC/DCコンバータの熱シミュレーションに使用するシミュレーション回路

上記のDC/DCコンバータ BD9G500EFJ-LAのSolution Circuitを起動させると、図1のような回路が開きます。緑色の線に囲まれている部分は熱シミュレーション回路、それ以外は電気シミュレーション回路を表しています。

ROHM Solution SimulatorのDC/DCコンバータ BD9G500EFJ-LAの電気・熱シミュレーション回路
図1. DC/DCコンバータ BD9G500EFJ-LAのシミュレーション回路

この電気回路は、BD9G500EFJ-LAを使用した最大5A出力の1ch降圧DC/DCコンバータのアプリケーション回路です。

熱シミュレーション回路は、電気シミュレーションで算出したBD9G500EFJ-LA(以下IC)の損失およびショットキーバリアダイオード(以下SBD)RB088BM100TLの損失を熱シミュレーションモデルへ入力し、ICとSBDの温度を算出します。

技術資料ダウンロードのご案内

ローム主催セミナーの講義資料やDCDCコンバータのセレクションガイドなど、ダウンロード資料をご用意いたしました。

「DC/DCコンバータ熱シミュレーション回路」の関連記事一覧

技術資料ダウンロード

ローム主催セミナーの講義資料やDCDCコンバータのセレクションガイドなど、ダウンロード資料をご用意いたしました。

回路シミュレーション

ロームでは、技術者向けのセミナーを定期的に開催しています。ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。