IGBTパワーデバイス|基礎編

IGBT IPMの適用範囲とアプリケーション

2021.12.07

この記事のポイント

・IGBT他、各パワーデバイスのそれぞれの特徴により、各種アプリケーションに適応する。

・IGBT IPMが主に使用される領域は、IGBTモジュール領域の比較的低出力な数kVA以下の領域。

IGBT IPMの適用範囲とアプリケーション

IGBT IPMでポピュラーなのでは、6個のIGBTと3相ゲートドライバを組み合わせた3相インバータ構成のものです。IPMは、エアコンなどの家電で使われ始めて、ファンモータやコンプレッサモータなどに対応する数十W~数kWクラスの様々なIPMが存在します。IGBT IPMのアプリケーションは、家電から小型産業用モータに至る広い市場に広がっています。

以下図は、IGBT他パワーデバイスの出力容量と動作周波数の観点からの適用範囲と該当するアプリケーションのイメージで、「IGBTとは」の記事の「IGBTを使ったアプリケーション」で示した図と同じものです。一般的にIGBT IPMが主に使用される領域は、IGBTモジュール領域の比較的低出力な数kVA以下の領域になります。

この領域は図が示すように、IGBTディスクリートやSi MOSFETと競合する領域があります。どのパワーデバイスを選択するかは、「IGBT IPMのメリット」で説明した内容や、ディスクリートソリューションのメリットなどを検討して、最も有効性の高いソリューションを選択することになります。

出力容量と動作周波数から見たアプリケーションとIGBT他、各パワーデバイスの適用範囲のイメージ。
出力容量と動作周波数から見たアプリケーションと各パワーデバイスの適用範囲のイメージ

【資料ダウンロード】

「IGBT IPMの適用範囲とアプリケーション」の関連記事一覧

技術資料ダウンロード

IGBTパワーデバイス

ロームでは、技術者向けのセミナーを定期的に開催しています。ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。