DCDCコンバータ|応用編

電源シーケンス仕様②:実際の動作例

2022.02.08

この記事のポイント

・電源シーケンス②の仕様と回路動作、波形を確認する。

前回は、実際の回路例と各設定のための定数計算について説明しました。今回は、その回路の実際の動作を確認します。

電源シーケンス仕様②:実際の動作例

以下の回路は、前回確認した電源シーケンス②を実現する回路例です。動作確認のためにあらためて示します。

電源シーケンス仕様②を実現する回路例。
電源シーケンス②を実現する回路例

以下に電源シーケンス②の動作波形を示します。

VIN 5.0Vが印加された状態で、VOUTのオン・オフを制御するEnableを”H”レベルにすると、VOUTの起動が始まります。

最初にDCDC 1によるVOUT1 1.2Vが立ち上がります。波形図では黄色の波形です。

VOUT1が、Power GoodブロックIC1に設定したしきい値VHであるVOUT1の90%の電圧に到達すると、OUT出力がDCDC 2をイネーブルし、2つ目の出力VOUT2 1.5V(黄緑)が立ち上がり始めます。

そしてVOUT2が90%の電圧に到達すると、Power GoodブロックIC2がDCDC 3をイネーブルし、3つ目の出力VOUT3 3.3V(水色)が立ち上がり始めます。

これが起動時のシーケンス動作となります。

電源シーケンス仕様②の実際の動作波形。
電源シーケンス② 動作波形

遮断時は、起動時と同順にVOUT1から遮断が始まります。

Enableを”L”レベルにすると、DCDC 1が直接ディスエーブルされてオフになり、同時にディスチャージ回路がオンになり、設定した時間でVOUT1をグラウンドレベル近くまで引き下げます。

VOUT1がPower GoodブロックIC1のしきい値VLである0.5Vを下回ると、IC1のOUT出力がDCDC 2をディスエーブルし、同時にディスチャージ回路もオンにしてVOUT2を引き下げます。

VOUT2がPower GoodブロックIC2のしきい値VLである0.5Vを下回ると、前段同様にIC2のOUT出力がDCDC 3をディスエーブルし、ディスチャージ回路もオンにしてVOUT3を引き下げます。

これで、3個すべての遮断のシーケンスが終わり、全出力がオフになります。

【資料ダウンロード】リニアレギュレータの基礎

リニアレギュレータの基礎として、動作原理、分類、回路構成による特徴、長所・短所を理解するためのハンドブックです。加えて、リニアレギュレータの代表的な仕様(規格値)と、効率と熱計算に関しても解説しています。

技術資料ダウンロード

リニアレギュレータの基礎

リニアレギュレータの基礎として、動作原理、分類、回路構成による特徴、長所・短所を理解するためのハンドブックです。加えて、リニアレギュレータの代表的な仕様(規格値)と、効率と熱計算に関しても解説しています。