DCDCコンバータ|設計編

DC/DCコンバータのインダクタとコンデンサの選定概要

2015.06.02

この記事のポイント

・DC/DCコンバータの設計においてインダクタと入出力コンデンサの選定は特に重要。

・回路動作、電流経路、各部品が何を担うのかを理解することが必要。

DC/DCコンバータに関する新編、「設計編」を開始します。この章は、DC/DCコンバータの設計全体を説明する主旨ではなく、「DC/DCコンバータのインダクタとコンデンサの選定」という題目で、特に、降圧型DC/DCコンバータの重要部品であり、その選択により性能や特性に大きな影響を及ぼすインダクタとコンデンサの選定方法について説明して行きます。

最初に、降圧型DC/DCコンバータの基本動作とそれに伴う電流の流れについて確認します。インダクタと入出力のコンデンサを選定するには、回路における電流の流れとその波形を理解することが必要です。

インダクタの選定では、その手順と計算式を提示し、選定例を示します。また、インダクタンスとインダクタ電流の関係についても説明したいと思います。

出力コンデンサについては、算出方法と出力リップルについて説明します。

入力コンデンサに関しては、同じく算出方法と選定の際に検討が必要なDC特性について説明します。

設計全体については、電源ICのデータシートやアプリケーションノートに詳細があります。ここでは、それらの標準的な資料より少し深い内容やノウハウ的なことを取り上げたいと思います。

【資料ダウンロード】リニアレギュレータとスイッチングレギュレータの基礎

スイッチングレギュレータの採用検討や、設計した電源回路確認に必要なスイッチングレギュレータの特性を理解し評価する方法が示されています。

技術資料ダウンロード

リニアレギュレータとスイッチングレギュレータの基礎

スイッチングレギュレータの採用検討や、設計した電源回路確認に必要なスイッチングレギュレータの特性を理解し評価する方法が示されています。

DCDCコンバータ