DCDCコンバータ|設計編

コーナー配線とノイズの関係

2020.12.08

この記事のポイント

・コーナー配線は円弧を描くようにして配線インピーダンスの変化を低減し、ノイズを出さないようにする。

今回は、コーナー配線とノイズの関係について説明します。前回に続き、この内容は昇圧型DC/DCコンバータに限ったことではなく、PCB全般に関することですので、基板レイアウトの基礎としてとらえてください。

コーナー配線とノイズの関係

パターン配線はコーナー(曲がり)を必要としますが、その曲げ方によってEMIが増減します。これは、パターン配線のノウハウの一つになります。

下の図は、コーナー配線の良し悪しを示しています。コーナー配線を直角に曲げると、コーナーでのインピーダンス変化が大きくなります。その場合、電流波形に乱れが生じ、反射と呼ばれる波形の乱れが生じます。スイッチングノードなど周波数が高い配線では、反射によりEMIが増加する可能性があります。

コーナー配線とノイズの関係

コーナー配線は直角に曲げずに、45°や円弧を描くのが好ましい曲げ方になります。曲げの半径が大きい程インピーダンスの変化は小さくなります。

【資料ダウンロード】リニアレギュレータとスイッチングレギュレータの基礎

スイッチングレギュレータの採用検討や、設計した電源回路確認に必要なスイッチングレギュレータの特性を理解し評価する方法が示されています。

技術資料ダウンロード

リニアレギュレータとスイッチングレギュレータの基礎

スイッチングレギュレータの採用検討や、設計した電源回路確認に必要なスイッチングレギュレータの特性を理解し評価する方法が示されています。

DCDCコンバータ