DCDCコンバータ|評価編

スイッチングレギュレータの基本

2014.07.11

この記事のポイント

・スイッチングレギュレータの評価を行うには、スイッチングレギュレータの特性や基本を理解する必要がある。

・動作原理や仕組みの他に、電流、電圧波形がイメージできると評価に役立つ。

スイッチングレギュレータの特性を理解し評価を進めるには、スイッチングレギュレータに関する基本的なことを知っておくことが重要です。

ここでは、スイッチングの種類、降圧コンバータの動作原理、
主要な制御方式である同期式と非同期式の違い、効率を高めるための仕組みであるブートストラップ、出力安定化、つまりレギュレータ動作を司るフィードバック制御方式、出力電圧調整方法であるPWMとPFM、そして重要特性としてICの規格と電源としての特性についてレビューしていきます。

【資料ダウンロード】リニアレギュレータとスイッチングレギュレータの基礎

スイッチングレギュレータの採用検討や、設計した電源回路確認に必要なスイッチングレギュレータの特性を理解し評価する方法が示されています。

技術資料ダウンロード

リニアレギュレータとスイッチングレギュレータの基礎

スイッチングレギュレータの採用検討や、設計した電源回路確認に必要なスイッチングレギュレータの特性を理解し評価する方法が示されています。