DCDCコンバータ|評価編

インダクタのDCRによる導通損失

2018.01.16

この記事のポイント

・インダクタのDCR(直流抵抗)と出力電流による導通損失が発生する。

今回は、個別部分損失箇所の最後になる、出力のインダクタのDCRに関する損失を考察します。以下の図の、水色でマークした「PCOIL」で示した部分が該当します。

インダクタのDCRによる導通損失

インダクタのDCR、直流抵抗は、巻線の抵抗分です。従って、単純にインダクタを流れる電流とDCRによって損失が発生します。損失が発生する場所も、単純にインダクタそのものになります。流れる電流は、基本的に出力電流Ioになります。Ioは、インダクタ電流ILから求めることもできます。

説明するまでもないのですが、オームの法則に則った計算になります。

次回は、全体の損失に関する考察を予定しています。

【資料ダウンロード】リニアレギュレータとスイッチングレギュレータの基礎

スイッチングレギュレータの採用検討や、設計した電源回路確認に必要なスイッチングレギュレータの特性を理解し評価する方法が示されています。

技術資料ダウンロード

リニアレギュレータとスイッチングレギュレータの基礎

スイッチングレギュレータの採用検討や、設計した電源回路確認に必要なスイッチングレギュレータの特性を理解し評価する方法が示されています。