EnOcean|基礎編

電波干渉源の影響

2021.02.09

この記事のポイント

・EnOceanでは電磁波を発する電子デバイスから受信機を50cm以上は離して設置することを推奨している。

無線通信における電波干渉は最も一般的な障害です。特に近年電波を発する電子デバイスが増えていますので、状況にあわせて対策が必要になります。

電波干渉源の影響

受信機を設置する際には、電磁波を発する他の電子デバイスの影響、つまり電波干渉を考慮する必要があります。図に示すように、EnOceanではパソコンやディスプレイなど電磁波を発する電子デバイスから受信機を50cm以上は離して設置することを推奨しています。

電波干渉源のある環境での受信機の設置例
電波干渉源のある環境での受信機の設置例

【資料ダウンロード】無線通信セミナー EnOcean 基礎編

エナジーハーベストによる電池不要の無線通信とセンサソリューションを提供するEnOceanに関する基本情報と基礎知識、スイッチモジュールおよびセンサモジュール製品群の説明です。

技術資料ダウンロード

無線通信セミナー EnOcean 基礎編

エナジーハーベストによる電池不要の無線通信とセンサソリューションを提供するEnOceanに関する基本情報と基礎知識、スイッチモジュールおよびセンサモジュール製品群の説明です。