Sub-GHz無線|製品紹介

特定小電力無線モジュール

2020.01.01

920MHz帯の特定小電力無線(Sub-GHz無線)で注目を集めている「Wi-SUN」対応の通信モジュール。ラピステクノロジーの業界標準通信LSIをコアに、アンテナを含め高周波設計は不要で、国内電波法認証も取得済み。低消費電力で通信距離が長いことから、スマートメータ、HEMS、HANや交通インフラなどのスマートコミュニティの他、M2MやIoTにも最適。(ローム製)

【資料ダウンロード】Sub-GHz無線開発基礎

Sub-GHz無線はM2MやIoT、ワイヤレスセンサネットワークなどの新市場をはじめ、幅広い分野での活用が検討されています。このハンドブックは、Sub-GHz無線の活用から機器開発の基礎までを解説しています。

技術資料ダウンロード

Sub-GHz無線開発基礎

Sub-GHz無線はM2MやIoT、ワイヤレスセンサネットワークなどの新市場をはじめ、幅広い分野での活用が検討されています。このハンドブックは、Sub-GHz無線の活用から機器開発の基礎までを解説しています。

Sub-GHz無線

ロームでは、技術者向けのセミナーを定期的に開催しています。ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。