電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

知って得するキーポイント

業界初、1チップで車載バッテリ低下時の安全点灯を可能にしたLEDドライバ:BD18336NUF-M

DRLやポジションランプ向け
最新ソケット型LEDランプを小型に

注目ワード
  • DRL
  • Daytime Running Lamps
  • 昼間点灯用ランプ
  • BD18336NUF-M
  • リニア方式の降圧型定電流駆動
  • 直列3灯までドライブ
  • 減電時電流バイパス機能
  • 安全点灯
  • 業界初
  • 直列3灯のLEDのうち1灯をバイパスして2灯に
  • ソケット型LEDランプ
  • 外付け部品を7個削減
  • 実装面積を約30%削減
  • 出力電流ディレーティング機能
  • 白色LED

BD18336NUF-Mは、自動車のDRL(Daytime Running Lamps:昼間点灯用ランプ)やポジションランプ、リアランプなど、特に近年採用が増えているソケット型LEDランプに向けて開発されたLEDドライバです。リニア方式の降圧型定電流駆動で、基本的に自動車の12Vバッテリを入力として、LEDを直列3灯までドライブできます。最初に特長をまとめて示します。

  • ・車載12Vバッテリ入力用高耐圧仕様:最大定格42V、動作電圧20V最大。
  • ・小型高出力電流:3mm角パッケージで400mA(DC)、600mA(50% PWM)。
  • ・実装面積を従来品比で約30%削減し、超小型ソケット型LEDの10mm角基板への実装が可能。
  • ・バッテリ電圧低下時に直列3個のLEDの1つをバイパスして点灯を維持するバイパス機能が1チップで可能。
  • ・外付けサーミスタを利用した発熱抑制出力電流ディレーティング機能により高輝度白色LEDにも対応。
  • ・LEDオープン検出や出力地絡保護など保護機能が充実。

1チップで車載バッテリ電圧低下時の安全点灯を確保

BD18336NUF-Mは減電時電流バイパス機能を搭載したことで、1チップで車載バッテリ電圧低下時の安全点灯を可能にしました。これは、業界初となります。(2020年3月31日現在 ローム調べ)

降圧型LEDドライバでの直列LED駆動には最低限、LEDの順方向電圧の合計にドライバのドロップアウト電圧を加算した電圧が入力電圧として必要です。車載バッテリの公称12Vは変動が大きく、バッテリ電圧の低下度合いによっては上記条件を逸脱してしまい、LEDの点灯を維持できなくなってしまいます。

BD18336NUF-Mは、減電時電流バイパス機能により、車載バッテリからの供給電圧が9Vに低下すると、直列3灯のLEDのうち1灯をバイパスして2灯にします。これにより、LEDの点灯を維持します。この機能の動作開始電圧、動作区間は外付け抵抗器3個で設定できるので、幅広いアプリケーションに対応可能です。

1チップで車載バッテリ低下の安全点灯を可能にしたLEDドライバ「BD18336NUF-M」の減電時電流バイパス機能のイメージとメリット

1チップで車載バッテリ低下の安全点灯を可能にしたLEDドライバ「BD18336NUF-M」の減電時電流バイパス機能の概要

従来品比約30%の実装面積削減で、超小型のソケット型LEDランプを実現可能に

車載LEDランプは、モジュール基板上に電子部品を多数実装することで、多彩なデザインと高機能化を実現していますが、最近はメンテナンス性も重視されることからソケット型LEDランプが登場しました。しかしながら、ソケット型はソケットの小型化が難しくデザインの自由度を損なうことが課題になっています。

従来型LEDランプ基板と最新のソケット型LEDランプと基板

BD18336NUF-Mの減電時電流バイパス機能による実装面積削減効果

BD18336NUF-Mは減電時電流バイパス機能を1チップで実現するので、コンパレータやトランジスタなどを必要とする従来品による回路から外付け部品を7個削減でき、外付け回路も含めた実装面積を約30%削減可能です。これにより、10mm角のLEDモジュール基板にも実装できるため、近年求められている超小型のソケット型LEDランプを実現可能です。

高輝度白色LED含む、様々なLEDランプ色に対応可能

BD18336NUF-Mは外付けのサーミスタを利用して、LEDが高温になった時に出力電流を減少させ発熱を抑制する、出力電流ディレーティング機能を搭載しています。この機能によって、高温になりやすい白色LEDの駆動にも対応でき、赤色LEDや黄色LEDを使用するリアランプやポジションランプだけでなく、白色LEDを使用するDRL(昼間点灯用ランプ)などへの利用が可能です。

BD18336NUF-Mのサーミスタ1つで調整可能な出力電流ディレーティング機能

BD18336NUF-Mの機能ブロック図とアプリケーション回路例

以下は、機能ブロック図と基本的なアプリケーション回路例、そして主な仕様です。詳細はデータシートを参照願います。

BD18336NUF-Mの機能ブロック図とアプリケーション回路例

<主な特長と機能>

  • ・AEC-Q100 Grade 1対応
  • ・PWM調光機能用CRタイマ搭載
  • ・温度(出力電流)ディレーティング機能
  • ・LEDオープン検出
  • ・出力地絡保護
  • ・SET端子地絡保護
  • ・過電圧ミュート機能
  • ・減電時電流バイパス機能
  • ・減電時LEDオープン検出無効機能
  • ・異常状態フラグ出力/出力電流OFF制御入力

技術資料ダウンロード