電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

イベント

ロームは、2016年10月4日から4日間にわたり開催されたCEATEC JAPAN 2016に出展しました。今回からCEATEC JAPANはCPS/IoTをメインテーマとし、展示エリア構成も刷新されたことから、ロームは「CPS/IoTを支えるテクノロジ・ソフトウェアエリア」にブースを構え、「CREATING YOUR IoT WITH OUR SEMICONDUCTORS」をテーマに、ロームグループのラピスセミコンダクタとともに、IoTに向けたより現実性の高いアプリケーションとソリューション、そしてそれらを支える半導体製品の展示とデモンストレーションを行いました。

IoTに関するアプリケーションや製品の具体化が加速度的に進んでいる状況もあり、多くの来場者にロームブースを訪問いただきました。しかしながら、今回来場できなかった方も多くいらっしゃると思いますので、Tech Web電源設計サイトでは、電源とパワーデバイス関連の展示の概要とトピックを報告させていただきます。IoT関連の展示については、Tech Web IoTサイトで報告しますので、合わせてご覧ください。

4つのゾーンでソリューション、製品展示、デモを展開

ブースには、大きく分けて4つのゾーンを設け、各ゾーンでは以下の展示やデモを実施しました。

最新デバイス」ゾーンでは、「アナログ」、「パワー」、「センサ」、「モバイル」のそれぞれに対するソリューションとして、半導体デバイス、モジュール、システムなどを、評価ボードやデモ機も含めて展示しました。

体験デモンストレーション」ゾーンでは、センサによる新感覚ゲーム「Pulse Launcher Unit」、オートモーティブ分野におけるIoT、工場のIoTの例としてマシンヘルスのデモを行いました。

4つのゾーンでソリューション、製品展示、デモを展開
ceatec_report_img02

メインステージ」では、昨年非常に注目をいただいた飛行体「ORIZURU」が、今年はさらに進化を遂げた飛行を披露しました。また、「インダストリアル」、「オートモーティブ」、「センシング」ソリューションのプレゼンテーション、「ROHM OPEN HACK CHALLENGE」コンテストに関するイベントなどを開催しました。

ROHM OPEN HACK CHALLENGE」作品展示ゾーンでは、センサ評価キットとマイコンボードを活用したアイデアコンテストの審査を通過した優秀作品を展示しました。


アナログソリューションとパワーソリューションが充実

製品ソリューションの展示は多岐にわたりましたが、IoTの主軸となるセンサソリューション(センサ、マイコン、無線)に並び、電子機器の礎ともいえるアナログソリューションとパワーソリューションに関する展示の充実を図り、半導体メーカーであるロームのコアコンピタンスを訴求しました。ロームグループの半導体デバイスとソリューションが、IoTや先進システムを支えるものであることを実感いただけたと思います。

最新製品

アナログソリューション

電力変換の高効率化を追求したアナログ電源ICを中心に、USB対応デバイス、Qi規格対応デバイスを展示しました。Tech Webでも取り上げた、自動車マイルドハイブリッドシステムや産業機器向けで、48Vから3.3Vのような高い降圧比の降圧が可能なDC/DCコンバータIC:BD9V100MUFには多くの方から興味をいただき、ロームが世界で初めて達成した「最小オン時間20ns」を実際にオシロスコープで確認いただきました。

ceatec_report_img03
ceatec_report_img04

アナログソリューション出展製品一覧はこちら

パワーソリューション

ロームが世界をリードする次世代SiCパワーデバイスやフルSiCパワーモジュール、またそれらを応用したインバータなどの実機を展示しました。Siベースのパワーデバイスでは、ロームの新世代MOSFETやIGBTを搭載したIPMをご覧いただきました。また、パワーアプリケーションには必須となる、高電力超低抵抗器、高サージ耐圧チップ抵抗器なども合わせて展示しました。特にSiCパワーデバイスを利用したアプリケーションは着実に増えてきており、パワーアプリケーションの省エネと小型化要求には必須のデバイスであることが感じられました。

ceatec_report_img05
ceatec_report_img06

パワーソリューション出展製品一覧はこちら

モバイルソリューション

モバイル機器のさらなる小型化に貢献する、世界最小デバイスを目指したラインアップを紹介しました。独自の微細化技術を駆使し、驚異的な寸法精度(±5µm)を誇るロームの世界最小部品「RASMID®(ROHM Advanced Smart Micro Device)シリーズ」のチップ抵抗器、トランジスタ他、モバイル向け降圧DC/DCコンバータや超小型CMOS LDOを展示しました。

モバイルソリューション出展製品一覧はこちら

オートモーティブソリューション:ヴェンチュリー・フォーミュラEチームにSiCパワーデバイスを供給

ロームは、FIAフォーミュラE選手権に参戦するヴェンチュリー・フォーミュラEチームとテクノロジーパートナーシップ契約を結んだことを、2016/10/11のプレスリリースで発表しました。これに関連して、フォーミュラEシーズン2に使用された、マシン駆動用のインバータを展示しました。今月開幕したシーズン3から、このインバータにロームのSiCパワーデバイスが搭載されています。これは、ロームのSiCパワーデバイスが、自動車レースという究極条件においても省エネと小型化に貢献し、かつ高い信頼性をもつものであることの証明です。

ceatec_report_img07
ceatec_report_img08

オートモーティブソリューション出展製品一覧はこちら

技術資料ダウンロード