知って得するキーポイント

小型・低損失ショットキーバリアダイオード「RBR/RBQシリーズ」のラインンアップを拡充RBRシリーズ : 低損失で効率改善 同性能でワンサイズ小さなパッケージ

2022.06.28

ロームは、車載機器、産業機器、民生機器など多種多様なアプリケーションで採用実績の高い、小型・高効率のショットキーバリアダイオード(以下、SBD)「RBRシリーズ」12製品と「RBQシリーズ」12製品をラインアップに追加しました。これで、シリーズ合計全178製品にラインアップを拡充しました。また、両方のシリーズに車載信頼性規格AEC-Q101に準拠したバージョンが用意されています。

あらゆるアプリケーションで低損失化の要求が高まり、他のダイオードに比べて順方向電圧VF(以下VF)が低い低損失なSBDの採用が増加しています。しかしながら、損失低減を求めてVFを低くすると、背反関係にある逆方向電流IR(以下IR)が大きくなり、熱暴走リスクが高まるため、SBDの選定には用途と目的に合わせたVF特性とIR特性のバランスの検討が重要になります。

ロームはVF特性とIR特性のバランス要求に対応するSBDのラインアップを強化しており、さらに大電流・高電圧・小型化に向けてラインアップを拡充しています。今回ラインアップを拡充したRBRシリーズは、IRを抑えつつVFを低減したのが特徴で損失低減に貢献します。同じくRBQシリーズは、VFとIR特性のバランスタイプで熱暴走リスクを低減します。

ロームのパワーダイオードのラインアップ

以下にRBRシリーズのポイントを説明します。RBQシリーズのポイントに関してはこちらの記事を参照願います。

RBRシリーズのポイント その1:低VF特性により損失を低減

RBRシリーズは、低VF特性と背反関係にある低IR特性を維持しながら、同サイズのローム従来品と比較してVFを約25%低減したことで低損失化に貢献します。高効率化が求められるオンボードチャージャーなどの車載機器の他、省エネ化が求められるノートPCなどの民生機器にも適した特性を備えています。

また、RBRシリーズは同等性能品に対してチップサイズが小さいことから小型パッケージのラインアップを拡充しました。例えば、従来3.5mm×1.6mmサイズ(PMDUパッケージ)だったものを、RBRシリーズは2.5mm×1.3mmサイズ(PMDEパッケージ)で提供できるので、実装面積を約42%削減可能です。

ロームのショットキーバリアダイオードRBRシリーズのVF特性。従来品より25%低減/ロームのショットキーバリアダイオードRBRシリーズ。PMDE他小型パッケージの追加により省スペース化に貢献

RBRシリーズのポイント その2:小型パッケージの追加により省スペース化に貢献

RBRシリーズには、今回新たに2.5mm×1.3mmのPMDEパッケージ12製品(6機種それぞれに民生用/車載用を用意)が追加されました。計140製品の豊富なラインアップ(耐圧:30V/40V/60V、電流:1A~40A)により、損失低減に加えて省スペース要求にも対応できる幅広いラインアップになっています。

ロームのショットキーバリアダイオードRBRシリーズのラインアップ一覧

対応アプリケーション例

  • ・オンボードチャージャー
  • ・LEDヘッドランプ
  • ・カーアクセサリー
  • ・ノートPC

関連情報

  • ◆ 動画(公開している動画は同じものです)

ロームプレスリリースのページから
https://www.rohm.co.jp/news-detail?news-title=2021-08-05_news_sbd&defaultGroupId=false&newsCategory=press

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=WA1pKnjNsxY&feature=emb_imp_woyt

技術資料ダウンロードのご案内

ローム主催セミナーの講義資料やDC-DCコンバータのセレクションガイドなど、ダウンロード資料をご用意いたしました。

技術資料ダウンロード

ローム主催セミナーの講義資料やDC-DCコンバータのセレクションガイドなど、ダウンロード資料をご用意いたしました。

知って得するキーポイント

技術者向けウェビナーのご案内

ロームでは、技術者向けのセミナーを定期的に開催しています。ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。