IoT技術情報サイト

2020.06.16 EnOcean

EnOceanゲートウェイ開発キット

開発・導入事例

  • Facebook
  • Twitter

ここからは、電池レス無線通信EnOceanを活用した実際の開発事例や導入事例を紹介していきます。

EnOcean ゲートウェイ開発キット

EnOceanゲートウェイ開発キットCS-A440W-ENOCEANは、EnOceanセンサ群をシステムに接続するためのゲートウェイの開発用キットです。無線LANや有線LANを通じインターネット接続が可能な小型・省電力組み込みCPUボードで、Linux搭載にてクラウドとも連携しやすいので、IoTゲートウェイのプラットフォームとして最適です。

以下の図に使用例を示します。センサから送信されるセンサ信号をゲートウェイが取りまとめ、インターネットで流通できる情報に変換してクラウド上へアップロードします。これを解析・可視化して、ユーザが理解できる意味のある情報にして提供するというアプリケーションです。このゲートウェイがEnOcean通信の受信にも対応したことによって、EnOceanデバイスとインターネットのブリッジの役割を果たすことが可能になっています。

EnOceanゲートウェイ開発キットCS-A440W-ENOCEANのシステム概要

また、以下の図はEnOcean通信に対応したゲートウェイ開発キットの構成を示しています。ゲートウェイにUSB 400Jを挿入することで、EnOcean無線スイッチやEnOceanセンサの情報を受け取ることが可能となり、各種通信方式にブリッジしてインターネットに信号を渡します。

EnOceanゲートウェイ開発kitの構成

次に実際の使用例を示します。スイッチやセンサ情報をスマートフォンなどの端末でモニタしたり、EnOcean通信を通じて照明の制御を行ったりすることができます。

EnOceanゲートウェイ開発キットの使用例。スイッチやセンサ情報をスマートフォンなどの端末でモニタしたり、EnOcean通信を通じて照明の制御を行ったりすることができる。

こちらに、当キット発表時のニュースリリースがありますので、参考にしてください。

キーポイント:

・EnOceanゲートウェイ開発キットCS-A440W-ENOCEANは、EnOceanセンサ群をシステムに接続するためのゲートウェイの開発用キット。

・無線LANや有線LANを通じインターネット接続が可能な小型・省電力組み込みCPUボード。

EnOcean