IoT技術情報サイト

2021.02.09 EnOcean

障害物への入射角度の影響

電波伝播に影響する要因と回避策

  • Facebook
  • Twitter

電波は基本的に直線的に飛ぶことから、壁などの平面的な障害物を通過する際には入射角が生じます。入射角と電波の関係と障害に対する対策を説明します。

障害物への入射角度の影響

以下の図は、電波が通過する障害物が同じ材質で同じ厚みの壁であったとしても、通過する角度、つまり入射角によって通信の確立が難しくなる場合があることを示しています。壁への入射角によっては壁材を通過する実効的な距離が異なるため、入射角が鋭角になればなるほど実質的により厚い壁を通過するのと同じになり、場合によっては通信に障害が生じる場合があります。送信機と受信機を結ぶ直線、つまり電波が壁と直交するような送信機と受信機の位置関係が望ましいです。

電波の入射角によって実質的な障害物を通過する距離が異なることを示すイメージ
電波の入射角によって実質的な障害物を通過する距離が異なる。

次の図は、上図の好ましくない条件である、機器の設置位置に制限があり電波が壁を鋭角に通過せざる得ない場合の対策を示しています。このような位置関係になってしまい通信がままならない場合には、通信が確立できている場所に中継器(リピータ)を置くことで、通信経路を確立できる場合があります。

電波の入射角によって実質的な障害物を通過する距離が異なることを示すイメージ
入射角の関係で通信に障害が出る場合に中継器(リピータ)を使用して回避する例

キーポイント:

・電波が壁などの障害物を通過する場合、入射角が鋭角だと実質的に障害物を通過する距離が長くなり、通信に支障をきたす場合がある。

・壁などの障害物への入射角の関係で通信に支障が出る場合は、通信が確立できている場所にリピータを設置する対策がある。

EnOcean