IoT技術情報サイト

2021.03.30 EnOcean

住宅への設置例:同一フロアの場合

EnOcean機器設置の実際

  • Facebook
  • Twitter

実際の建物にEnOcean機器を設置する場合、受信機や送信機、リピータなどをどこに配置するかを事前に設計することで、よりスムーズな設置と運用が可能になります。この章では、いくつかの建物を例に、機器の配置をどのように設計するか、何に注意して配置を決めるべきかについて説明します。最初は、住宅の同一フロアに設置する例です。

住宅への設置例:同一フロアの場合

下図は、一般的な住宅の同一フロア内でのEnOcean機器設置例です。

住宅への設置例:同一フロアの場合

一般的な壁厚でアルミ等の裏打ちのない壁材を使用した間取りで、広さも10m四方程度までであれば、通常リピータは必要ありません。ただし、必ずしも通信を保証するものではありません。必ず実際の設置環境において問題なく通信できることを確認する必要があります。

キーポイント:

・一般的な住宅の同一フロアであれば、通常10m四方程度の広さであればリピータは必要ない。

・最終的には実際の環境で通信に問題がないことを確認する必要がある。

EnOcean