IoT技術情報サイト

2020.04.28 EnOcean

モジュールコンフィグレーション開発の例

DOLPHIN V4 開発ツールと開発フロー

  • Facebook
  • Twitter

前回のソフトウェア開発フローに続いて、少し具体的な設定変更やファームウェア開発の例を説明して行きます。今回はモジュールコンフィグレーション情報の設定変更の例です。

EnOceanモジュールのコンフィグレーション情報設定変更例

温度センサモジュールSTM 431Jに湿度センサHSM 100を装着して温湿度センサとして利用するために、温度センサモジュールSTM 431Jのプロファイルを変更します。

<使用するソフトウェア>

・Dolphin V4 Module Configurator(※)
・DolphinView

※現在のバージョンではタブの構成など異なる部分がありますが、本記事と同様の手順で設定変更が可能です。

Module Configuratorツールを使用して、コンフィグレーション設定からモジュールへの書き込み、評価までの一連のフローを示します。この例では、モジュールにデフォルトで搭載されているファームウェアによって予め準備された範囲でのコンフィグレーション設定機能を用いるため、新たなソフトウェア開発を必要としません。STM 431Jを簡単に動かしてみたい場合の例です。

具体的には、Dolphin V4 Module Configuratorによって、コンフィグレーション情報であるEEP(EnOcean Equipment Profile)を変更します。この場合、温度センサ用のEEP:A5-02-05(Temperature Sensor)を、温湿度センサ用のEEP:A5-04-01(Temperature and Humidity Sensor)に変更します。

<ハードウェアの接続>

STM 431JのEEPを変更するためには、開発キットEDK 400Jに同梱されているプログラミングボードEOP 350を用います。最初に、下の写真のようにSTM 431J(アンテナ付き緑の基板)をEOP 350に接続します。EOP 350はUSBケーブルでパソコンに接続します。

左:EnOcean STM 431JとEOP350との接続方法、右:EnOcean STM 431Jのジャンパーピンの位置

STM 431JをEOP 350への装着する際には、予めSTM 431Jのコネクタに接続されているジャンパーピンを取り外す必要があります。また、小さな部品なので紛失に注意して下さい。

また、STM 431JをEOP 350へ装着・脱着する際には、モジュール基板のたわみ・反りに注意が必要です。場合によっては、ソーラーパネルがモジュール基板から剥離する恐れがあります。

<ソフトウェアの起動と操作>

ハードウェアの接続が済んだら、PCでDolphin V4 Module Configuratorを起動します。Module Configuratorツールでは、各EnOceanモジュールに対する専用タブが用意されていますので、ここでは上部タブの中から「STM 431J」を選択します。タブを選択すると、選択したモジュールのコンフィグレーション設定画面が現れますので、下図のようにProfileの項目を「EEP A5-04-01 Temperature and Humidity Sensor」に変更します。

Dolphin V4 Module ConfiguratorによるSTM 431JのEEPの変更

次にメニューバーにある「Write configuration to flash」クリックして、設定の書き込みを行います。

Dolphin V4 Module ConfiguratorによるEEPの変更。「Write configuration to flash」の実行

画面下部にある「Output Log」ビューに、すべて「OK」が表示されると書き込み完了です。

Dolphin V4 Module ConfiguratorによるEEPの変更。「Write configuration to flash」のOutput Log

「Output Log」ビューですべてが「OK」であることを確認したら、STM 431JをEOP 350プログラミングボードから取り外し、HSM 100をSTM 431Jに接続します。

最後に動作確認を行います。DolphinViewでEEPが変更されているかどうか確認します。

参考として、DolphinViewでの表示例を示します。PCに受送信モジュールUSB 400Jを接続してDolphinViewを起動し、EEPを変更したSTM 431JのLRNボタンを押してテレグラムを確認します。

DolphinViewによるEEPの変更の確認例

STM 431JのLRNボタンを押すと、そのモジュールに現在設定されているEEPが受信機に通知されるので、それをDolphinView上で確認することができます。表示された「EnOcean Equipment Profile」の内容から、EEPが「A5-04-01 Temperature and Humidity Sensor」に設定変更されています。

また、STM 431Jによって取得された温度データに加えて、接続したHSM 100による湿度データも画面上に表示されています。

以上、Module Configuratorを使ってEEPを変更し、STM 431JにHSM 100を接続して、温湿度センサとしてデータを無線送信しUSB 400Jによって受信することでPCに取り込む例を説明しました。他にもSTM 431J単体やEEP変更以外の各種コンフィグレーション設定も可能となっていますので、いろいろ試してみて下さい。

キーポイント:

・コンフィグレーション情報の変更には、Dolphin V4 Module ConfiguratorによりEEP(EnOcean Equipment Profile)を変更する。

・この例では、温度センサ用EEP:A5-02-05を温湿度センサ用EEP:A5-04-01に変更。

・EEPの変更には開発キットEDK 400Jに同梱されているプログラミングボードEOP 350を用いる。

・変更の確認はDolphinViewを利用可能。

EnOcean