電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

2021.02.22 DC/DC

はじめに

汎用電源ICで電源シーケンスを実現する回路

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

基礎知識DC/DC「応用編」の第一弾として、「汎用電源ICで電源シーケンスを実現する回路」を開始します。

はじめに

FPGAやDSPなど複雑な機能を持ち複数の電源を必要とするICや、複数系統の電源を必要とする電子機器では、電源の投入や遮断の順番が仕様として決められている場合があります。これを守らないと正常に起動しないばかりではなく、場合によってはデバイスを損傷させてしまうことがあります。

複数の電源を投入や遮断するときの順番のことを電源シーケンスと言います。以下は、3系統の電源に関するシーケンス制御のイメージです。

左:3系統の電源回路ブロック例/右:3系統の電源のシーケンス制御例

電源シーケンスを制御するには、電源シーケンス専用ICを使う方法があります。また、電源ICにもシーケンス機能を搭載したものやシーケンス制御をサポート可能なパワーグッド出力などを持つタイプがあり、これらを利用することで比較的簡単にシーケンス回路を設計することができますが、この記事では、専用の電源シーケンスIC、また、シーケンス機能をサポートする機能を備えた電源ICも使わず、出力のオンオフ(イネーブル)機能を持つだけの汎用電源ICと外部回路によって電源シーケンスを実現する回路例を示します。

例として2種類のシーケンス仕様を用意しています。各仕様に対して制御ブロック図の構成、回路例、動作例を示して解説して行く予定です。

キーポイント:

・複数の電源を必要とするICや電子機器の電源には、投入・遮断の順番=シーケンスの制御が必要な場合がある。

・この記事では、シーケンス制御ICやシーケンスサポート機能を持つ電源ICは使わずに、汎用電源と外部回路によってシーケンス制御を実現する例を示す。

無料ダウンロードはこちら