電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

2021.08.31 DC/DC

電源シーケンス仕様①:実際の動作例

汎用電源ICで電源シーケンスを実現する回路

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

この記事のキーポイント

・電源シーケンス①の仕様と回路動作、波形を確認する。

電源シーケンス仕様①に関して、前回は実際の回路例と各設定のための定数計算について説明しました。今回は、その回路の実際の動作を確認します。

電源シーケンス仕様①:実際の動作例

以下の回路は、前回確認した電源シーケンス①を実現する回路例です。動作の確認用にあらためて示しました。

電源シーケンス仕様①を実現する回路例。

続いて、実際の動作波形を示します。

VIN 5.0Vが印加された状態で、VOUTのオン・オフを制御するEnableを”H”レベルにすると、VOUTの起動が始まります。

最初にDCDC 1によるVOUT1 1.2Vが立ち上がります。波形図では黄色の波形です。

VOUT1が、Power GoodブロックIC1に設定したしきい値であるVOUT1の90%の電圧に到達すると、PGOOD出力がDCDC 2をイネーブルし、2つ目の出力VOUT2 3.3V(黄緑)が立ち上がり始めます。

同様にVOUT2が90%の電圧に到達すると、Power GoodブロックIC3がDCDC 3をイネーブルし、3つ目の出力VOUT3 1.5V(水色)が立ち上がり始めます。

これが起動時のシーケンス動作となります。

遮断時は、起動時とは逆の順でVOUT3から遮断します。

Enableを”L”レベルにすると、DCDC 3が直接ディスエーブルされオフし、同時にディスチャージ回路もオンになり、VOUT3を設定した時間でグラウンドレベル近くまで引き下げます。

電源シーケンス仕様①の実際の動作波形。

VOUT3がPower GoodブロックIC4のしきい値である0.5Vを下回ると、IC4のPGOOD出力がDCDC 2をディスエーブルし、同様にディスチャージ回路もオンにしてVOUT2を引き下げます。

VOUT2がPower GoodブロックIC2のしきい値である0.5Vを下回ると、前段同様にIC2のPGOOD出力がDCDC 1をディスエーブルし、ディスチャージ回路もオンにしてVOUT2を引き下げます。

これで、3個すべての遮断のシーケンスが終わり、全出力がオフになります。

次回からは、シーケンス仕様②に入る予定です。

無料ダウンロードはこちら